森で眠るように...ひつぎにメガネや手鏡 市原悦子さん まもなく通夜

01/17 18:38
「話題.com」。

1月12日に亡くなった女優・市原悦子さん(82)の通夜が、17日、東京都内で営まれる。

「まんが日本昔ばなし」や人気ドラマ「家政婦は見た!」などで知られた、女優の市原悦子さん。

17日午後6時から営まれる通夜を前に、祭壇が公開された。

祭壇は、自然が大好きだったという市原さんが、緑の森の中で眠っているようなイメージ。

市原さんがほほ笑む遺影が飾られた。

また、祭壇脇には市原さんが出演したドラマのDVDやCD、写真集などが飾られ、遺影の両脇では、出演した作品の映像が流される予定。

ひつぎには、市原さんが台本を読む際に使っていた眼鏡や愛用の手鏡、ハンドバッグ、スカーフなどが納められ、入り口には若かりし日の写真も飾られている。

午後6時からの通夜では、20年来の友人のゴダイゴのリーダー、ミッキー吉野さん(67)が、ピアノ演奏で追悼するという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング