ゴーン被告 逮捕から2カ月 ルノートップ交代か 幹部明言

01/19 07:29
フランス自動車大手ルノーの会長代行が、現在もトップを務めるカルロス・ゴーン被告を交代させる考えを明言したと、現地有力メディアが伝えた。

フィガロ紙は18日、ルノーのラガイエット会長代行が、会長兼最高経営責任者を務めるゴーン被告の後任決定を求めたルメール経済・財務相に「同意する」と述べ、トップ交代を明言したと伝えた。

ゴーン被告の逮捕から2カ月となり、ラガイエット会長代行は、勾留が長期化する見通しとなったことから「持続可能な措置をとる責任がある」と述べたと報じている。

ラガイエット会長代行は、後任決定まで、「数日かかるが確定してない」と説明している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング