北日本・北陸 猛吹雪に警戒 交通機関の乱れも

01/21 06:26
低気圧や強い寒気の影響で、北日本や北陸では、21日の午前中にかけて猛吹雪となるおそれがあり、気象庁は交通機関の乱れなどに警戒を呼びかけている。

21日朝は、北海道・襟裳岬(えりもみさき)で最大瞬間風速27.6メートルを観測するなど、北日本を中心に風や雪が強まっている。

東北や新潟はあと数時間、北海道では21日の昼前にかけてが雪や風のピークとなる見込み。

21日に予想される最大瞬間風速は、東北で30メートルとなっていて、22日朝にかけて予想される降雪量は、多いところで、東北・日本海側で50cmの見込み。

このほか、新潟県でも夕方以降は再び雪が強まり、平地でも積雪が増えるところがある見込み。

気象庁は、大雪や猛吹雪による交通機関の乱れなどに警戒を呼びかけている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング