カラカラ列島「1級河川」が消失!? 極度の乾燥なぜ?

01/22 18:57
太平洋側を中心に、空気の乾燥した状態が続いている。
カラカラ天気で、干上がってしまった河川も。
さらに、影響は思わぬところにも及んでいた。

薄ピンク色に咲き誇る、「緋寒桜」。

ひと足早く見頃を迎えていたのは、和歌山・那智勝浦町。

暖かい日が続いたことから、年明けから咲き始めたという。

早い春が訪れる一方で、静岡市では、川に異変が。

静岡市内を流れる、1級河川・安倍川。
上空から見ると、広い範囲で流れが途切れ、干上がった川底の砂利がむき出しになっているのがわかる。

静岡市の1月の降水量は、20日までで、わずか1mmと、平年1月全体のたった1.3%。

川を流れる水が減り、これにより、瀬切れの範囲は5.5kmにまで拡大している。

雨が降らないカラカラ天気により、太平洋側では各地で、20日までの降水量が、平年1月全体の20%以下にとどまっている。

その原因となっているのが、日本海側の大雪。

大陸から流れ込む冷たく乾燥した空気は、日本海上空を通過する際に、海面から暖かく湿った大量の水蒸気を含み、雪雲が発達する。

その雪雲は、日本海側に大量の雪を降らせ、水分を放出。

その乾燥した空気が、太平洋側に流れ込むことで、乾燥が続く仕組み。

極度の乾燥によって、思わぬ注文も相次いでいる。

座る部分がぱっくりと割れてしまったり、ぐらついていたり。
こうして、いすが壊れてしまった原因も「乾燥」。

(株)ダニエルの三代目・咲寿義輝さんは、「(乾燥でなぜ家具が割れる?)木がやせて、やせた分のところが離れる状況が生じて、こういう状況になる」と話した。

横浜市のこの家具店には、木材の乾燥による家具のトラブル相談件数が、例年の同じ時期の2割増し。

一方、このカラカラ天気を歓迎していたのが、東京・麻布十番にあるビルの屋上で、網の上に並べられていたのは、“サケの切り身”。

あん梅店主は、「普段は3時間くらい。今は短い、2時間くらい。うっすら脂が出てきている。ちょうどいいんじゃない」と話した。

カラッとした北風により、うま味成分が凝縮され、干物にとって乾燥はいい条件。

東京都心では、1月末にかけても雨が降らない予報で、このまま雨が降らなければ、43年前の記録に並ぶ可能性があり、インフルエンザへの感染などには、引き続き注意が必要となる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング