風疹感染者3,000人超 5年前大流行した当時に次いで多い状況に

01/22 20:31
2018年から2019年1月13日までに風疹に感染した人は、3,000人を超え、5年前に大流行した当時に次いで多い状況が続いている。

国立感染症研究所によると、1月13日までの1週間に風疹に感染した人は139人で、これで、2018年からの感染者数は、3,056人にのぼる。

中でも、30代から50代の男性の感染が多く、東京・神奈川・千葉などの首都圏と福岡・大阪の大都市圏で感染者が多くなっている。

また、前回2012年から13年に大流行した当時に次いで多い感染者が報告されているという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング