EV電池 新会社設立 トヨタとパナソニック 中国勢に対抗

01/23 01:24
トヨタ自動車とパナソニックは、22日に記者会見を開き、電気自動車の電池を共同生産する新会社の設立を発表した。

トヨタとパナソニックは、電気自動車などに搭載するリチウムイオン電池を共同生産する会社を2020年末までに設立することで合意した。

新会社は、51%を出資するトヨタの子会社となり、両社あわせて3,500人ほどの従業員を移して、電池の量産化や次世代技術の開発を進める方針。

電気自動車をめぐっては、積極的な研究開発を続ける中国メーカーなどと競争が激しくなる中、両社の得意分野を持ちよって、競争力を高めたい考え。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング