SUBARUが国内生産ストップ状態 調達部品に不具合

01/23 12:56
SUBARUが、国内唯一の完成車工場である「群馬製作所」の操業を停止していることがわかった。

SUBARUによると、外部の部品メーカーから調達している主要部品に不具合が見つかり、1月16日から操業を停止しているという。

原因は調査中で、現時点で再開のめどは立っていないとしている。

群馬製作所は、SUBARUの国内唯一の完成車工場で、インプレッサやフォレスターなど9車種を生産している。

2019年、国内外で生産する103万台のうち、65万台を群馬製作所で製造する計画で、操業の停止が長引けば、業績にも大きく影響する可能性がある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング