日韓外相会談開催も 溝埋まらず進展なし

01/24 06:35
スイスを訪問中の河野外相は23日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談し、いわゆる元徴用工らの裁判を受けて、日本政府が要請している二国間協議に早期に応じるよう求めた。

会談で河野外相は、「日韓関係は非常に厳しい状況にある」と指摘したうえで、いわゆる元徴用工らの裁判を受けて、日韓請求権協定に基づく二国間協議に早期に応じるよう要請した。

これに対し康外相は、従来の韓国側の立場を述べるにとどめた。

一方、18日以降、韓国の艦艇に対し、自衛隊機が3回にわたり低空接近飛行を行ったなどと韓国側が主張している問題について、康外相は「遺憾だ」と述べた。

河野外相は、「当該機は、韓国側が主張するような近距離で飛行していない。韓国側の発表は遺憾だ」と反論した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング