【独自】日中 新年メッセージ取りやめ 「ファーウェイ問題」影響か

01/24 06:45
日中両政府が、首脳同士による新年のメッセージの交換を検討したものの、取りやめていたことが、FNNの取材でわかった。
通信機器大手・ファーウェイをめぐる問題が影響したとみられる。

中国共産党関係者によると、日中関係の改善を受けて、両政府は、安倍首相と李克強首相との間で、2019年、新年を祝うメッセージを交換することを水面下で検討していた。

しかし、中国側の事情で取りやめになったという。

日本政府は2018年12月、ファーウェイなどの製品を、政府調達から事実上排除する方針を決めた。

こうした対応に中国が態度を硬化させたとみられ、関係改善の流れに影響する可能性もある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング