ゴーン被告、ルノー会長を辞任 後任にミシュランCEO

01/24 18:45
日産の前会長、カルロス・ゴーン被告が、ルノーのトップを辞任。

フランスのルメール経済・財務相が、メディアのインタビューで明らかにしたもので、ゴーン被告は、23日にルノーの会長とCEO(最高経営責任者)を辞任したという。

ルノーは、日本時間24日午後、取締役会を開き、辞任を了承するとともに、新体制を決めるとみられる。

後任の会長には、タイヤ大手、ミシュランCEOのスナール氏が、また、CEOには、日本での職務経験があり、現在、ルノーのCEO代理を務めるボロレ氏が就任する見通し。

一方、日産は、ゴーン被告とグレッグ・ケリー被告の取締役の解任と、ルノーが選任する日産の取締役1人を決めることに目的を限定した臨時の株主総会を、4月中旬に開催する方向で検討を始めたと発表した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング