世界初 ゲノム編集サルから5匹誕生

01/25 13:04
ゲノム編集を施したサルをもとにしたクローンが誕生。

中国の研究チームは、ゲノム編集によって体内時計の機能を失わせたサルの細胞を使って、クローン5匹を生み出すことに成功したと発表した。

ゲノム編集をしたサルの体細胞を使ってクローンを誕生させたのは、世界で初めてという。

体内時計が機能しないと、不眠症やうつ病などにつながるとされていて、研究チームは、遺伝情報がそろった実験動物は新薬開発に役立つと主張している。

しかし、ヒトと同じ霊長類のクローンづくりをめぐっては、倫理上の問題が指摘されていて、議論を呼ぶとみられる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング