三菱自など技能実習認定取り消し 今後5年間受け入れできず

01/26 00:54
三菱自動車が、外国人の技能実習生に、計画とは違う業務をさせていたとして、技能実習計画の認定を取り消された。

法務省によると、三菱自動車は、愛知県の岡崎製作所で、「溶接」の職種で受け入れた実習生28人に、部品の組み立てをさせていた。

また、過労自殺した男性社員に違法な残業をさせた労働基準法違反の罪で罰金刑が確定したパナソニックが、実習生82人の計画の認定を取り消されるなど、あわせて4つの会社が処分を受けた。

4社は今後5年間、新たな実習生の受け入れができなくなる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング