低気圧と寒波の中 寒中みそぎ 北風も強かった...

01/26 18:28
低気圧と強烈な寒波の影響で、新潟県の十日町市で150cmに迫る積雪となったほか、九州や四国など、普段はあまり雪が降らない地域でも雪が積もった。

今シーズン初雪となった大分市。
県内では大雪となり、道路は先が見えない状態となった。

国道210号線は大渋滞に。
近くの道の駅では、チェーンをつける人の姿も見られた。

チェーンをつけていた男性は、「ここまでとは思わなかった。準備はしてましたけど」と話した。

26日は、各地で大雪となり、広い範囲で大きな影響が出た。

長野・小谷村では、午後4時時点で115cmの積雪を記録。

朝から屋根に登って、雪かきする人の姿が見られた。

小谷村の人は、「きょう結構降りましたね。もう(雪は)いらない」と話した。

午後4時時点で145cmの大雪となっている、新潟県の十日町市。

70代のおばあちゃんも、雪かきに追われていた。

女性は、「年々年取るから苦になりますよね。若い時は苦にならなかったけど」と話した。

一方、最大瞬間風速17.5メートルの強い北寄りの風が吹いた東京では...

ふんどし姿の男性に、白装束姿の女性。
神田明神で「寒中禊(みそぎ)がまん会」が行われた。

ただでさえ寒い、この季節。
身を清める水の中には、大きな氷の柱も入っていた。

特別な思いでみそぎをする女性は「ことし結婚する予定なので、心身ともに清めて嫁に行こうと思って、その覚悟で参加を決めました」、「(ご主人は?)傍観してました」と話した。

26日夜から27日の朝にかけて、西日本や北陸を中心に大雪のピークとなるため、交通機関の乱れなどに注意が必要。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング