バンクシー作品“扉ごと”盗まれる 追悼のシンボル

01/28 18:49
あのテロ現場に描かれた、覆面芸術家「バンクシー」の作品が盗まれた。

ベールをかぶり、うつろな表情を浮かべる人物。

これは、2015年のパリ同時テロの現場となった、バタクラン劇場の非常口の扉に、バンクシーが2018年6月に描いた作品。

「犠牲者を追悼するメッセージ」と、とらえられていたその作品が、26日未明、盗まれた。

警察によると、小型トラックで劇場に乗りつけた犯行グループが、扉ごと持ち去った。

劇場側は、ツイッターに「パリや世界の全市民のものだった、追悼のシンボルが奪われた」と投稿し、強い憤りを示している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング