事実婚もLGBTも“パートナー”証明書 全国初 きょうから千葉市

01/29 13:20
千葉市では、29日からLGBT(性的少数者)や事実婚などのカップルを夫婦と同様のパートナーとして認め、公的証明書を交付する制度が始まった。

パートナーをLGBTに限定せず、事実婚にも適用するのは、全国初だという。

対象となるのは、カップルの双方が成人で、いずれかが千葉市内在住などの要件を満たしている場合、宣誓をすれば宣誓証明書が交付される。

証明書には法的拘束力はないが、親族同士に限られている市営住宅に入居することができるという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング