JAL機脱輪で滑走路一部閉鎖 雪でスリップか

02/01 11:53
成田空港で1日朝、着陸した日本航空機が脱輪し、滑走路が一部閉鎖された。

雪で、スリップしたとみられている。

1日午前7時前、成田空港で、インド・デリー発の日本航空740便が着陸後、誘導路で脱輪し立ち往生したため、A滑走路が閉鎖された。

乗客に、けがはなかった。

乗客の男性
「移動中に、ガクッとなった」

乗客の女性
「タイヤがスリップした感じの音がして、傾いて止まって、タイヤが空回りしていました」

成田空港では1月31日夜、雪が降り、操縦士は、「ブレーキの利きが悪かった」と話していることから、雪でスリップした可能性があるという。

成田空港は、滑走路の安全確認を急いでいる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング