米、INF条約破棄通告を発表 米中ロの軍拡競争懸念

02/02 00:43
アメリカのトランプ政権は、ロシアとのINF(中距離核戦力)全廃条約の破棄通告を発表した。

ポンペオ国務長官は、「アメリカは2月2日をもって、INF全廃条約の義務の履行を停止する」と述べた。

アメリカのポンペオ国務長官は会見を行い、INF条約の破棄をロシアに通告すると発表した。

ポンペオ長官は、ロシアが条約に違反し、ミサイルシステムの開発を続けてきたことで、ヨーロッパやアメリカの人々を危険にさらしたなどと批判した。

また、条約破棄の背景には、軍事力拡大を続ける中国がこの条約に縛られずにミサイル開発を進めてきたとのトランプ政権の不満もある。

条約は、通告から6カ月後に失効することになり、今後、アメリカとロシア、それに中国による軍拡競争が激しくなることが懸念される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング