悠仁さま お茶女付属中に進学へ 学習院以外の中学は初

02/05 01:06
秋篠宮家の長男・悠仁さまが、2019年4月から、お茶の水女子大学付属中学校へ進まれることになった。

お茶の水女子大学付属中学・加賀美常美代校長は「ほかの生徒たちとともに、協同しながら多様な経験をしていただき、豊かな中学校生活を送っていただきたいと考えております」と話した。

お茶の水女子大学付属小学校6年生の悠仁さまは、付属中学校への内部進学を希望して、3日、ほかの児童と同じように入学試験を受け、合格されたという。

戦後、皇族で学習院以外の中学校に通われるのは悠仁さまが初めて。

悠仁さまの同級生となる新入生120人のうち、男子生徒は3分の1ほどで、付属高校は女子校のため、高校進学の際は別の学校を検討される見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング