“参考人隠し”野党反発 「統計」「失言」激しい攻防

02/05 17:54
国会は、5日も2つの問題で大荒れ。
野党は統計不正問題、さらに、あの大臣の失言を厳しく追及した。

立憲民主・西村議員「『子どもを産まない方が問題だ』という麻生大臣の発言について、大変大きな問題だ。撤回と謝罪をしていただきたい」

麻生財務相が謝罪を求められたのは、3日の「いかにも年寄りが悪いみたいな変なことを言う人がいっぱいいるが、それは間違ってますよ。子ども産まなかった方が問題なんだから」という発言について。

「子どもを産まなかった方が問題」。
この発言について、麻生財務相は4日の国会審議で撤回したが、謝罪はしなかった。

5日朝の会見でも、「わたしの趣旨というのは基本的に、産める環境じゃないと言われているわけでしょ、今。産みやすいようにしなきゃいかんということで」と釈明したが...。

西村議員「前後の文脈がどうあれ、大変大きな問題だと思う。撤回と謝罪をしていただきたい」

麻生財務相「わたしは子ども2人しか産んでいませんから。そういった意味では、わたし含めて、産まなかった方が問題じゃないかというつもりで申し上げた。不快に思った方がいらっしゃるなら、おわびする」

麻生発言だけではなく、5日の国会は「あの問題」で荒れ模様だった。

厚生労働省による、統計不正問題。
野党側は、あの人物の参考人招致を要求していた。

西村議員「やはりわたし...カギを握るのは大西前政策統括官だと思います。参考人招致をずっと求めているが、きょうも来てもらえない」

野党がキーマンとするのは、厚生労働省の大西康之前政策統括官。

大西政策統括官(当時)「それは誠に申し訳ないが、状況がわからなかったので」

大西氏は、統計部門の担当責任者で、問題把握から1週間後に大臣に報告した人物。

しかし、立憲民主党の長妻議員が1月31日に予算委員会への参考人招致を求めた翌日、更迭され、国会で答弁する役職から外れた。

西村議員「解明をするキーマンである大西さんの口を封じようと、なんで大西さんを隠したんですか」

根本厚労相「隠すつもりは毛頭ありません」

西村議員「隠すつもりがないというのであれば、大臣の命令によって、大西さんを政府参考人として出席できるようにすべきではありませんか」

参考人招致をめぐって繰り返されてきた、与野党の攻防。

森友学園をめぐる財務省の文書改ざん問題では、当時の佐川国税庁長官の、また、加計学園問題では、経産審議官だった柳瀬元首相秘書官の参考人招致に、なかなか応じなかった。

自民党幹部「そのまま(の職に)置いておけば早く処分しろと言い、処分すれば口封じと言いますから。どっちにしたって、(野党は)攻めてくる」

大西氏を国会に呼ばない理由について、根本厚労相は5日も、「厚労省が所管する統計に関することについては、国会での答弁も含めて、新たに任命された統括官が対応することが適当と考えております」と述べた。

野党はさらに、物価の変動を反映した実質賃金の2018年1月から11月の伸び率が、実際はマイナスだったという野党による試算が正しいのか、ただした。

西村議員「野党が試算した共通事業所系列の実質賃金の下落ぶり、認めてくださるんですか」

根本厚労相「例えば、機械的に消費者物価で割り戻すということで、そういうことで出されたことについては、その限りにおいては、その前提の限りにおいては、それは今、委員がおっしゃられたとおりだと思います」

根本厚労相は初めて、実質賃金マイナスを事実上認めた。

国民民主・山井議員「アベノミクスの成果を、結果的には高く見せるという誤った情報を、国民、世界にまき散らしてしまったのではないか」

安倍首相「まるで、大きな陰謀が動いているようなごとく質問されるから、リアリティーがなくなっていく、申し訳ないんですけど。そんなことはできるわけがない」

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング