天皇陛下 メルケル首相と面会

02/05 19:20
天皇陛下は、来日中のドイツのメルケル首相と面会された。

宮内庁によると、メルケル首相が、1月に皇居で行われた新年一般参賀を話題にすると、陛下は「天皇として最後の一般参賀でした」、「この春には譲位しますが、これは光格天皇以来、およそ200年ぶりのことです」と、自らの退位について説明されたという。

また、環境問題にも話が及び、陛下は、「海洋投棄されたプラスチックを魚が食べてしまうことは深刻な問題です」と日本の現状を説明したうえで、プラスチックの利便性にも触れ、「難しい問題」との認識を示されたという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング