有力候補地は“ビーチ・リゾート” 米朝首脳2月27・28日会談

02/06 11:58
米朝首脳会談が、2月27日と28日にベトナムで開催される見通しになった。

ベトナムの中でも、開催地として最も有力視されているのが、白い砂浜が有名な中部・ダナン。

そして、市内から少し離れた半島に、開催地として最も有力視されているホテルがある。

FNNは先週、ベトナム政府当局者が施設の警備担当者とともに、このホテルを視察する様子を確認した。

ここは、2017年にAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議も開かれた場所で、過去にトランプ大統領をはじめ、各国首脳を受け入れた実績がある。

まだ下見段階とみられ、旧正月の祝日が終わる週明けにも受け入れ準備が本格化するとみられる。

こうした中、韓国を訪問中のアメリカのビーガン北朝鮮問題特別代表は、6日午前、アメリカ軍の航空機で平壌(ピョンヤン)に向かった。

新たに交渉相手となった元駐スペイン大使の金革哲(キム・ヒョクチョル)氏と、2度目の米朝首脳会談に向けた調整を行うとみられる。

ダナンをめぐっては、香港メディアが、米中首脳が貿易問題を話し合うため、同時期に首脳会談を開催する方向で両政府が検討していると報じていて、ダナンを舞台に、さまざまな駆け引きが行われるとみられる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング