仮想通貨150億円分引き出せず パスワード知る創業者が急死

02/06 12:44
ビットコインなどを扱うカナダ最大の仮想通貨交換所で、パスワードを知る創業者が亡くなったため、およそ150億円分の仮想通貨が引き出せない状態になっていることがわかった。

カナダの仮想通貨交換所「クアドリガCX」によると、顧客およそ11万5,000人が預けている150億円分の仮想通貨が引き出せない状態になっている。

これは、仮想通貨を引き出すためのパスワードを1人で管理していた創業者のジェラルド・コットンCEO(最高経営責任者)が、2018年12月、訪問先のインドで急死したためだという。

「クアドリガCX」は先週、裁判所に資産保全を申請したが、顧客からは、「仮想通貨が取り戻せないのでは」といった不信感が広がっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング