トランプ氏“対中強硬派”を指名 世界銀行 総裁候補

02/07 17:50
アメリカのトランプ大統領は、世界銀行の次期総裁候補に、中国への強硬姿勢で知られるデービッド・マルパス財務次官を指名した。

トランプ大統領は6日、1月に辞任を発表した世界銀行のキム前総裁の後任に、マルパス氏を指名した。

トランプ大統領は、「長い間、マルパス氏を知っている。優秀な人だ」と述べた。

マルパス氏は、世界銀行の中国向けの融資を減らすよう要求するなど、対中強硬派として知られている。

マルパス氏の起用には、途上国などが反発する可能性があるが、世界銀行の歴代総裁は最大出資国であるアメリカから選ばれていて、就任は濃厚とみられる。

貿易問題などで中国と対立するトランプ政権の高官であるマルパス氏が就任すれば、世界銀行の対中融資に影響を与える可能性がある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング