鈴木さん“発祥の地”が危機 「鈴木屋敷」復元目指す

02/07 19:38
鈴木さん発祥の地がピンチ。

世界の安打製造機・イチロー選手に、さまざまな役を華麗に演じ分ける名女優。
そして、子役で大ブレークしたあの福君。

彼らの共通点は、全員「鈴木さん」。

日本全国におよそ200万人いると言われる鈴木姓。
「佐藤」に次いで、2番目に多い名字とされている。

取材班は7日、その鈴木姓発祥の地と言われる和歌山・海南市へ。

鈴木屋敷復元の会・神出勝治会長は、「鈴木姓の発祥の地の藤白神社です」と話した。

鈴木姓発祥とされる藤白神社。

神出会長は、「平安時代に、熊野からこちらに鈴木一族が来まして、そこから全国へ熊野信仰のために出て行ったのが鈴木一族で」と話した。

この藤白神社を拠点に鈴木一族が全国に出向き、およそ3,000あるといわれている熊野神社を建立。

これにより、鈴木姓が全国に広がったという。

そうしたことから、藤白神社には、鈴木姓にのみ、ご利益があるという、鈴木さん専用お守りまで。

そんな鈴木の里で、今、問題となっているのが、江戸時代後期に造られたとみられる鈴木家の屋敷は、1942年に122代目の当主が亡くなって以降、空き家状態となり、一時崩壊寸前となってしまったこと。

神出会長は、「これが鈴木屋敷、平安時代から続いていまして...」と話した。

荒れ果てた鈴木屋敷を復活させるためには、なんといってもお金が必要。

その資金調達の切り札として、今、法人税の一部免除などの特典がある“企業版ふるさと納税”を活用した寄付を呼びかけている。

神出会長は、「なんとか復元して、全国から鈴木さんにお参りに来ていただければ...」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング