インフルエンザ患者数減少 流行は続く

02/08 15:46
インフルエンザの患者数は、過去最多となった前の週よりも減少した。

2月3日までの1週間のインフルエンザの患者数は、1医療機関あたり43.24人で、調査開始以来過去最多だった前の週の57.09人からは減少した。

推計患者数はおよそ167万人で、前の週よりもおよそ55万人減少したが、流行は続いていて、厚労省は警戒を呼びかけている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング