「100億円のギフト券」で応酬 大阪・泉佐野市が再反論

02/08 17:31
ふるさと納税をめぐり、総務相と大阪・泉佐野市が激しく応酬。

石田総務相
「自分のところだけが良ければ、他の自治体への影響は関係がないという身勝手な考えであり、このような考えがまかり通れば、社会的にも教育的にも悪影響が大きい」

8日朝の閣議後会見で、石田総務相は、泉佐野市が「閉店キャンペーン」と銘打ち、返礼品に加えて“プレゼント”として、アマゾンのギフト券を寄付額の最大20%分まで提供していることについて、厳しく批判した。

これを受けて、泉佐野市は「総務省の見解だけで強硬に物事を推し進め、無理やり地方を押さえつけようとしている。地方分権という理念の『趣旨』に反するのではないか」などと、石田総務相の発言に対し、再反論のコメントを出した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング