8日NY株式市場 3日続落、63ドル安 米中協議の先行き懸念

02/09 10:54
8日のニューヨーク株式市場は、3日続落した。

8日は、トランプ大統領が前日、米中貿易協議の期限となる3月1日までに中国の習近平国家主席との会談の予定はないと明言したことを受け、交渉難航の警戒感が強まり、相場の重しとなった。

その結果、ダウ工業株30種平均の下げ幅は、一時290ドル近くに達したが、午後になってハイテク株を中心に買いが戻った。

結局、ダウ平均は、前の日の終値より63ドル20セント安い、2万5,106ドル33セントで取引を終えた。

また、ハイテク株中心のナスダック総合指数も、9.85ポイント上げて、7,298.20だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング