米朝会談前に安倍首相 トランプ氏に“拉致”協力要請へ

02/10 06:23
安倍首相は、2月末にベトナムで開催される2回目の米朝首脳会談の前に、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、あらためて拉致問題解決への協力を求める考えを示した。

安倍首相は、「トランプ大統領と電話会談を行い、日本の立場、拉致問題の重要性を、しっかりとトランプ大統領に伝えていきたい」と述べた。

9日、自民党本部で開かれた会議で、安倍首相は「2回目の米朝首脳会談を生かして、核問題、ミサイル問題、何よりも大切な拉致問題の解決につなげていきたい」と述べたうえで、「わたし自身が金正恩(キム・ジョンウン)委員長と向き合い、解決していかなければならない」と決意を語った。

また、都内で拉致問題の集会に出席した菅官房長官も、日朝首脳会談の実現に向けて、「日本政府自身の主体的な取り組みも進めていく」と強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング