「集中していた」紀平梨花が会見 逆転Vから一夜

02/10 12:29
フィギュアスケートの四大陸選手権で、ショート5位からの逆転優勝を果たした紀平梨花選手(16)。
一夜明け、あらためて激闘を振り返った。

紀平選手は、「ジャンプにだけ集中して、あとは丁寧にこなすと考えていたので、無駄なことは考えずに、そこだけを考えておこうと、すごく集中していた」と話した。

9日のフリー、紀平選手は大技・トリプルアクセルを決めるなど、会心の演技で逆転優勝。

3月の世界選手権でも、狙うは頂点のみ。

紀平選手は、「(世界選手権では)ショート、フリー、完璧な演技で自己ベストを更新したいという目標があるので、けがなく毎日頑張って、世界選手権を自己ベストを更新して笑顔で終わりたい」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング