小学女児、寝ていた母の首切りつけ 殺人未遂で補導

02/12 11:50
沖縄・糸満市の住宅で11日夜、小学生の娘が母親の首を包丁で切りつけ、殺害しようとしたとして補導された。

警察は、児童相談所に通告した。

警察によると、11日午後11時半ごろ、沖縄・糸満市の住宅で「小学生の娘が母親の首を包丁で刺した」と、同じ家に住む親族が消防に通報した。

病院に搬送された母親の意識はあり、命に別条はない。

警察によると、当時、娘は寝室で横になっていた母親に包丁で切りつけたという。

娘は、母親を刺したことを認めていて、警察は、児童相談所に通告した。

警察によると、これまでに家庭内でのトラブルは確認されていないということで、警察がくわしい経緯を調べている。

(沖縄テレビ) (沖縄テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング